Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月18日

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤとホイールを別々で買ったりしていませんか。タイヤとホイールはセットで買う方が後々の事を考えると断然使いやすくおすすめです。また、タイヤホイールの処分方法や購入の際に役に立つマッチングアプリの紹介など、タイヤホイールにまつわる話をまとめました。

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

購入はタイヤとホイールをセットで

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤを購入する際に、タイヤだけを買おうとはしていませんか。タイヤだけ買うとはどういう意味かと言いますと、車などで日常的に使用しているタイヤは、タイヤと言われるゴムの部分とアルミなどで作られているホイールの部分に分かれています。

タイヤだけ購入はおすすめしない

ホイールなしのタイヤを購入をしてしまうと、ホイール部分は今使用しているタイヤのホイールをそのまま使うか、ホイールを別に購入するということになります。

今履いているタイヤを付け替えるのであればそれほど気にする必要もありませんが、スタッドレスタイヤなどの場合は、ホイールからタイヤを外さなければいけませんのであまりおすすめできません。タイヤとホイールがセットである「タイヤホイール」を購入するようにしましょう。

ホイールなしのタイヤ交換は意外に高い

もしホイールなしのタイヤ交換を店舗などに依頼すると、大体4本で10,000円以上の交換費用がかかってしまいます。夏タイヤから冬タイヤなどの履き替えの場合、年間に最低2回は履き替えが必要ですので、1年間に20,000円以上が毎年タイヤ履き替えに必要になってきます。

ホイールは中古でも良い

それでは、タイヤを新品で購入した場合、ホイールも新品の物を購入する必要があるのかと言えば、必ずしも新品なホイールである必要がありません。購入する店舗などで中古ホイールを扱っている場合がありますので、タイヤを購入する際は中古ホイールを希望すると良いでしょう。

タイヤとホイールは店舗で値段が違う

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

さて、タイヤやホイールは同じ製品でも店舗により扱っている値段が違う場合があります。また、最近ではインターネットなどで購入することもできますので、タイヤやホイールを購入する方法にも色々な選択肢があります。

車専門店で購入

全国にはさまざまな車専門店があります。車専門店にはカー用品はもちろんのこと、タイヤやホイールも取り扱っている店舗がほとんどです。車専門店で購入するメリットとしては、タイヤとホイールを購入したり交換したりする時に、愛車のメンテナンスや状態も合わせて見てもらえるメリットがあります。

タイヤを購入しながら車全体の相談もできるので、車を大事にしている人は利用してみると良いでしょう。ただし、タイヤやホイールの値段設定はそこまでディスカウントされているわけではありませんし、種類もタイヤ専門店などに比べると豊富とは言えません。

タイヤ専門店で購入

タイヤのことならばやっぱりタイヤ専門店が一番詳しくどんな状況にも対処してくれるので、安心感があります。また、タイヤの種類も豊富ですしタイヤやホイールの値段も特売で扱われているタイヤがあるなど、車専門店よりはおとくに購入できる場合もあります。

フジ・コーポレーション

宮城県に本社を構える東証一部に上場しているタイヤ専門店のフジ・コーポレーションです。「タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド」、「タイヤ&ホイール館フジ」、「フジファイブデイズ」などの実売店舗を日本全国に構えていて、そのタイヤやホイールの品ぞろえは1,000万点以上と圧倒的です。

また、他店価格に徹底して対抗する価格設定を売りにしています。また、インターネットでも注文を受け付けていて希望の場所までの宅配か最寄りの店舗へ取りに行くか選べるようになっています。

カーポートマルゼン

大阪府に本社を構えるカーポートマルゼンはアルミホイールとタイヤの専門店です。質の高い商品とサービスの提供を掲げ、ホイールは常時30万本以上を揃えているなど品数には自信をもっている様子がうかがえます。また、独自のデータベースを導入しているので、ホイールやタイヤの価格を常に最安値で提供できる仕組みがあります。

通販サイトなど

通販サイトなどでタイヤやホイールを購入するメリットはなんといってもその価格にあります。実店舗では実現できない価格を設定している場合もあり、その金額には従来のタイヤ販売店も脅威をもっているほどです。

ただし、実際にタイヤやホイールを目視できませんんし、購入後はタイヤ交換をディーラーやタイヤ専門店に依頼するか、自分で作業を行うしかなく、タイヤやホイールの知識が無い場合はリスクが高い場合もあります。

タイヤとホイールのサイズの見方

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤやホイールは車種により規定があります。規定以外のタイヤやホイールを使用すると、車が斜向したりタイヤがパンクしたり最悪の場合は大きな事故に成り兼ねませんので、必ず指定されているサイズのタイヤやホイールを装着するようにしてください。

タイヤサイズの確認方法

タイヤサイズを確認するには、今履いているタイヤから確認する方法と車両に貼ってあるシールから確認する方法があります。

タイヤからサイズを知る

一般的にタイヤの側面にはメーカー名や商品名と並んでタイヤサイズが記載されています。タイヤのサイズの記述は「〇〇〇/〇〇R〇〇 〇〇W」などと表示をされています。〇に入るのは数字です。

車両に貼ってあるシールから知る

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

車両にもよるのですが、一般的には運転席側のドアを開けた内側にシールが貼られていて、そこにタイヤサイズと適正タイヤ空気圧が記述されています。タイヤのサイズの記述は「〇〇〇/〇〇R〇〇 〇〇W」などと表示をされています。〇に入るのは数字です。

タイヤサイズ表記を知る

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤのサイズの記述は「〇〇〇/〇〇R〇〇 〇〇W」などされているのが一般的です。どのような意味があるのでしょうか。

タイヤ断面幅・偏平率・タイヤの構造

左の数字3桁がタイヤ断面幅をミリメートルで表しています。次の2桁の数字が「偏平率」と言い、タイヤ高÷タイヤ幅×100で算出された数値が表記されていて、数値が大きくなるほど厚さがあるタイヤという意味になります。

その後に繋がるアルファベット1文字で表されているのがタイヤの構造を意味していて、Rはラジアル構造でBがバイアス構造となりますが、一般的な乗用車などはほぼラジアル構造のタイヤとなります。

リム径・ロードインデックス・走行可能速度

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

アルファベットの後に繋がる2桁の数字がホイールのリム径をインチで記述してあります。リムとはホイールにタイヤが組み込まれる部分になりますので、リム径はホイールの直径を表すことになります。さらに繋がる2桁の数字はロードインデックスと呼ばれ、既定の条件の下で1本のタイヤが支えることができる最大荷重を表す指数です。

そして最後に記述されているアルファベット1文字はタイヤが走行可能な速度を示す記号でとなります。

相談は必要

タイヤやホイールのサイズの確認方法を説明しましたが、自分だけの判断でサイズを把握するのは間違いなどあると危険ですので、必ずタイヤ専門店やカーショップなどの専門のスタッフに相談するようにしましょう。

タイヤホイールを売りたい場合

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤが古くなったりして、タイヤホイールを売りたいと考えた場合、少しでも高く売りたいと思うのが心情というもの。そのためにはタイヤホイールの買い取り価格の相場やタイヤホイールを高くする方法を知る必要があります。

買い取り価格の相場

一般的にホイールを買い取りしてもらう場合は4本セットの値段で交渉します。タイヤのホイールの買い取り価格はタイヤの大きさや車種によって異なります。

軽自動車のタイヤホイールの場合は大体20,000円ぐらいからとなります。普通自動車の場合は30,000円からなどもありますが、例えば日産フーガでは12,000円となったり、レクサスの種類によっては90,000円などの価格を付けている場合もあります。必ず数店舗から相見積もりを取るようにして、価格を確認しながら買い取りを進めるようにしましょう

高く売るには

タイヤのホイールを高く売りたいとは誰もが思うことです。少しの手間で価格は変わりますので、ぜひ参考にしてください。

クリーニング

中古車買い取りでも言えることですし、他の中古品販売でも言える事なのですが、汚いタイヤホイールよりも綺麗なタイヤホイールの方が買い取り価格はより高くなります。これは、買い取り業者が買い取ったホイールをその後販売することを考えれば当然のこと、と言えるのではないでしょうか。

専門店には売らない

ホイールを買い取ってもらう場合は、タイヤ専門店や車用品専門店には売らないようにしましょう。タイヤ専門店などはホイールを買い取る時にどうしても安値の見積もりを出してくる傾向があります。

ホイールを売る場合は中古タイヤなどを取り扱う中古買取業者を選ぶようにしましょう。やはり、中古品の売買にかけてはこういった業者はプロです。ある程度の価格で買い取ってもそれを売りさばく自信があるため、他の業者より買い取り価格を高めに設定する場合があります。

車の下取りとは別に売る

車の乗り換えなどで車を中古車として買い取ってもらう場合、タイヤのホイールの価格は中古車の中に組み込まれてしまいますので、必然的に買い取り価格が低くなってしましいます。タイヤホイールが新しい場合などは間違いなく損をしますので、車を売る時にはタイヤホイールは別にして買い取ってもらうのが賢い方法と言えます。

売り時がある

中古車自動車などでは売り時があることは知られていますが、実はタイヤのホイールも売り時があります。それはノーマルタイヤとスタッドレスタイヤを履き替える冬の始まりと終わりの時期です。

この時期は中古タイヤ買取店などもスタッドレスタイヤの買い取りや販売に力を入れていて、合わせてホイールも不足しがちで必要となるため、通常より高めに買い取ってもらえる可能性があります。

タイヤホイールの外し方

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤホイールを外す場合はカーショップや車修理工場などに持ち込む方法と自分で外す方法があります。自分で外す場合はジャッキなどで車を持ち上げて外す必要があります。次に記述する「タイヤホイールの交換方法」でも方法が記述されていますので、参考にしてください。

タイヤホイールの交換方法

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤホイールを通販で購入したり、店舗で購入して持ち帰った場合、自分でタイヤホイールを交換する必要があります。

タイヤのみの場合

もしタイヤのみを購入しホイールにタイヤを取り付ける場合は自分で交換するのは非常に難しいのでタイヤ交換を依頼できる店舗に持ち込むのが無難です。ただし、タイヤだけの持ち込みは工賃もかかりますし、スタッドレスタイヤの交換時期などの繁忙期には対応してもらえない場合もあるので必ず店舗に確認を取りましょう。

タイヤホイールの交換

タイヤホイールを購入した場合は、タイヤホイール交換を業者に依頼することもできますが、自分でもそこまで苦労せずに交換することができます。実際のタイヤホイール交換の手順は以下のとおりです。

(1)サイドブレーキがしっかりかけてあるかチェックする

(2)タイヤホイールのホイールキャップを外す

(3)タイヤホイールのナットを少しだけ緩める

(4)ジャッキを車体の下に差し込みジャッキアップする

(5)タイヤホイールの緩めてあるナットを外す

(6)それぞれのタイヤを外し交換するタイヤを取り付ける

(7)タイヤホイールのナットをバランスを見ながら締める

(8)車体を下ろすためジャッキダウンする

(9)タイヤホイールのナットに緩みがないかチェックする

(10)タイヤに空気を入れ空気圧をチェックする

ローテーションを取り入れよう

タイヤホイールを交換する際は、タイヤホイールの前後左右を入れ替えて装着する「ローテーション」を心がけましょう。タイヤホイールをローテーションするとタイヤの磨耗が均一になることからタイヤを長持ちさせることができるます。

交換し終えたタイヤホイールに目印をつけておくと、次回の交換時に確実にローテーションができるでしょう。

スタッドレスタイヤ装着には注意

スタッドレスタイヤを装着する際は、自分の車が4輪駆動なのか2輪駆動なのかを把握するのはもちろん、2輪駆動の場合は前タイヤが駆動するのか後タイヤが駆動するのか調べる必要があります。駆動しないタイヤにスタッドレスタイヤを装着しても効果がありませんので、駆動するタイヤをスタッドレスタイヤに交換するようにしましょう。

タイヤホイールのキャップの必要性

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤホイールにキャップ(ホイールカバー)を付けている車を見かけることがあります。さてこのキャップは本当に必要なのでしょうか。

ホイールキャップとは

ホイールに付いているキャップは、スチール製とアルミ製が多く見られます。スチール製は大量生産のためデザインの種類は多くありませんが、価格面ではリーズナブルな価格となっています。一方のアルミ製は加工も容易なため多様なデザインがありますが、スチール製に比べると価格帯が高くなります。

キャップのメリット・デメリット

キャップは一般的には車のコーディネートの一部と考えられがちですが、ハブ周りの水やほこりを防ぎさびを防止する役割があります。

ただし走行中にキャップが外れてしますと事故の原因となりますので、キャップを装着する場合には決められた方法でしっかりと装着しましょう。装着に不安がある場合は、カーショップや自動車整備工場などに持ち込むと良いでしょう。

タイヤホイールの処分の仕方

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

新しいタイヤホイールを購入したなどして、必要のなくなったタイヤホイールは家に置いておいても幅をとるだけですし、タイヤの溝などに水がたまり虫が発生する原因になるなどトラブルの要因になりかねません。

必要のなくなったタイヤを処分するにはいくつかの方法があります。先に説明した買い取り業者に売る以外の方法を紹介します。

カー用品店などに売る

カー用品店やタイヤ専門店などでは廃タイヤの買い取りを行っているところも少なくありません。カー用品店やタイヤ専門店以外にもガソリンスタンドや中古車販売店、自動車整備工場などでも取り扱ってくれる場合がありますので、連絡してみると良いでしょう。

オークションに出品する

最近ではネットオークションなどが気軽に行えるようになりました。自分には必要ない物でも人によってはお金を出しても欲しい物の場合もあります。

また、リサイクルの観点から見ても環境にも良い方法ですので、買い手が付くかはその時の状況にもよりますが、処分してもらう代金を払うよりは少しでも収入が期待できるオークションも一つの方法です。

自治体などに処分を依頼する

結局のところ売ることもできないタイヤホイールは自治体などに処分してもらうしかありません。タイヤの素材はゴムのほかにワイヤーなどで構成されているため、現在のところ他の加工品に再利用するなどの方法が無いので、お金を支払って回収してもらうのが現状です。

産業廃棄物を取り扱う業者やカー用品店などのショップなどでも処分してもらえます。カー用品店などでは、別途工賃を支払えばアルミホイールを外してタイヤだけ処分してもらうことも可能です。料金を確認して希望に合う方法で処分すると良いでしょう。

カー用品店などがおすすめ

カー用品店でタイヤホイールを処分してもらう場合は、タイヤを持ち込む手間はありますが、他の方法に比べると処分料金が圧倒的に安く抑えられます。ホイールだけ外してもらって次のタイヤ購入に使うこともできますので、無駄が少なくて済みます。

タイヤホイールの郵送にかかる送料

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤホイールをオークションなどで売った場合、買い取ってくれた人に郵送で送る必要があります。しかしながらタイヤホイールの郵送ってどうやれば良いのか良く分からないものではないでしょうか。

タイヤホイールの梱包

タイヤホイールを郵送する場合、梱包をする必要があります。ダンボールや新聞紙などで覆った上にひもやガムテープなどでタイヤホイールしっかりと固定する必要があります。梱包の手間を少しでも軽減したい場合は、タイヤホイール梱包用のダンボールなどが売られていますので、そちらを利用すると良いでしょう。

ヤマト運輸で送る

いくつか宅配会社がありますが、今回はヤマト運輸でタイヤホイールを送る場合について説明します。タイヤホイールをヤマト運輸に依頼する場合はタイヤホイールのサイズにより宅急便かヤマト便に分かれます。

宅急便の場合

宅急便で送ることができる大きさは縦・横・高さの3辺の合計が160センチメートル以内で重さが25キログラム内に収まっていることが条件です。タイヤホイール1本の重さが大体20キログラム弱となりますので、1本だけ送るのであれば宅急便で送ることが可能です。

ヤマト便の場合

宅急便の規定サイズを超えてしまった場合、ようするに2本以上のタイヤホイールを送る場合はヤマト便が適用されます。ちなみにヤマト運輸のホームページには「タイヤ料金計算」というタイヤを送る料金を計算するシミュレーションがありますので、そちらを利用すると良いでしょう。

おすすめのタイヤホイールのマッチングアプリ

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤホイールを通販などで購入する場合、自分の愛車に装着した姿を確認できると安心して購入することができます。カタログや写真を見ただけでは想像つきにくいタイヤホイールの交換イメージですが、今ではインターネットやアプリでシミュレーションを行うことができます。

実際に購入する前に色々なタイヤホイールをマッチングできるのは非常に嬉しいサービスです。いくつかあるマッチングアプリやサイトですが気になる何点かを紹介していきます。

フジコーポレーション

フジコーポレーションのマッチングアプリ「フィッティングルーム」では数百種類ものデザインのホイールが自分の車種と合わせることができます。アルミホイールのブランドや車のカラーも多種多様とありますので、自分の愛車あったタイヤホイールを探すことができるでしょう。アプリの動きも軽快で操作性も抜群です。ちなみに利用料金はかかりません。

ダンロップ

タイヤメーカーの「ダンロップ」の公式サイトで使うことができる、タイヤホイールシミュレーターが「ホイールバーチャルマッチングsign03」(WVMflair)です。タイヤ、ホイールのメーカー、車種、型式などが選択でき、ダンロップの最新商品も反映されますので、愛車に合ったタイヤとホイールを探すことができます。

その他のアプリ

Android専用の「タイヤインチアップ&ホイールオフセット計算」やiPhone専用アプリの「ホイールマッチング」など、色々なマッチングアプリがありますので、用途に合わせて使用してみてください。

タイヤホイールは車の「靴」

タイヤのホイールのサイズの見方・交換方法・処分の仕方・外し方

タイヤホイールについて色々とまとめてきました。タイヤホイールは車の「靴」です。人間と同じで、サイズが合わない靴を履いていれば怪我をしますし、すり減った靴を履いていれば転んでしまいます。タイヤホイールも自分の車に合ったものを選び、すり減りなどに気を使い、安全で安心な運転を心がけましょう。

Related